ストレス耐性どう鍛える?

  • 2020.09.18

みなさん、こんにちはー、大阪の就活塾、内定コーチング関西校です。 ストレス耐性は就活で今や最も大事なものの一つになっています。ある意味この世はストレス社会です。snsにより人にどう見られるとか、人からどう判断されるとかを非常に意識し、自分のイメージと違う見られ方をすることを怖がります。続きはこちら

もうすぐ後期授業が始まります

  • 2020.09.17

みなさん~、こんにちはー、大阪の就活塾、内定コーチング関西校です。 後期授業は、オンラインと通学と学生にとっては定期を買う買わないを悩むところですね。 年功序列がなくなっても、日本はアメリカのように解雇の自由はありません。だからある意味失業率の低さはそういう要因でもあるので、そこはある程度維持されることでしょう。 しかし日本の企業はある意味での不必要空気感を出します。続きはこちら

塾長ブログをみてくださいませ。親と就活。

  • 2020.09.16

みなさん~、こんにちはー、大阪の就活塾、内定コーチング関西校です。 さてさて、毎回塾長のプロが指南の就活の極意はいいことが書いています。9月10日の分は、親とのかかわり方について書いてありました。私もこのブログで何回か書いていますが、本当に親の育て方というのは大事ですね。続きはこちら

通年採用のための自己分析。

  • 2020.09.15

みなさん〜、こんにちは〜。大阪の就活塾、内定コーチング関西校です これからの就活で大切なことは、自分の経験がこの会社とどう関わり合って、現在そのために何をしていて、仕事を通じて自分の夢をどう実現していくか、という過去、現在、未来に一貫性を持つことが大切ですと述べてきました。その中で、今ままでの上部の企業研究ではなく、しっかりその企業を研究することが大切です。続きはこちら

菅さん、岸田さん、石破さん、就活で上手くいくのは。

  • 2020.09.14

みなさん~、こんにちはー、大阪の就活塾、内定コーチング関西校です。 今、3人で総理大臣を競い合っていますが、この3人で一番多く内定もらえる人はだれでしょうか? それは圧倒的に岸田さんです。それは論理的であり、聞かれたことにきちんと答えています。しかも時折自分の言葉を織り交ぜています。続きはこちら

採用されやすい人はスケジューリングが上手な人

  • 2020.09.11

みなさん~、こんにちはー、大阪の就活塾、内定コーチング関西校です。 人望のある人は採用されやすいですね。内定塾でも人望が厚い人と薄い人が極端に分かれます。自分のこと50 %、人のこと50%と考えれる人が一番人望がある人でしょうね。自分も人もきちんと分け隔てなく考えれる人なんですから。人望の薄い人が問題です。人望の薄い人の共通は、続きはこちら

ジョブ型採用で新卒者は何をアピール?

  • 2020.09.10

みなさん~、こんにちはー、大阪の就活塾、内定コーチング関西校です。 ジョブ型は経験者が優位です。学生は経験がないのでどう経験すればいいでしょうか?まず、大事なことは、志望動機の中身に過去の経験からなぜその業界(会社)に興味を持ったのか?そしてその業界に対して現在何をしているのか?、さらに今後その会社で何ができるのか?と過去、現在、未来を1セットできちんと話をすることです。 続きはこちら

通年採用で何が変わる?

  • 2020.09.09

みなさん~、こんにちはー、大阪の就活塾、内定コーチング関西校です。 一括採用と通年採用の大きな違いは、1年中採用があることです。しかしそれで何が変わるかと言いますと、ジョブ型に変わるわけです。ジョブ型とは必要な人財を必要な時に採用するという事です。しかもそれは中途採用と同じスタンスで採用されていきます。続きはこちら

結果を出すために変化することこそが民間で必要な能力です。

  • 2020.09.08

みなさん〜、こんにちは〜。大阪の就活塾、内定コーチング関西校です。 昨日のブログでも書きましたが、まず自分のがんばったことを友人に話してみてその反応が面接官の素直な気持ちだと思ってください。つまり全国大会レベルの数値もしくは何百万相当の売り上げ規模レベルじゃないとほとんどの人はその人の数値的評価はありません。それ以外の人は、結果に執着するのではなく、結果を生み出す方法を訴えるようにしてください。続 […]

傲慢さん、いらっしゃい~。

  • 2020.09.07

みなさん~、こんにちはー、大阪の就活塾、内定コーチング関西校です。 傲慢になるのはいいと思います。うちでも多いです。自分のやってきたことに自信があるのです。すばらしいです。しかしこの傲慢さに必要な根拠は、ただ一つ「数値」です。月200万売り上げた。全国大会何位とか傲慢になるべき根拠がきちんとない限りは、それは鼻につく傲慢さになってしまいます。実はややこしいのがこの鼻につく傲慢さです。これが面接通過 […]

1 47