2019年1月

1/3ページ

PDCAができない人

  • 2019.01.31

みなさん、こんにちは~。内定塾大阪校です。 就職で大切なことは、論理性と行動力です。これを交流分析(TA)でいうと、A(アダルト)とFC(フリーチャイルド)の両方を兼ね備えた人です。Aとは成人です。論理性や分析力の高い人を言います。FCは子供っぽさです。感情に左右されやすく、後先考えずにやるような人ですね。 ではAが強い人は論理性が強い分、頭で考えるタイプです。こういう人は、冷たい印象を与えるのと […]

コンピテンシー面接とPDCA

  • 2019.01.30

みなさん、こんにちは~。内定塾大阪校です。 コンピテンシー面接とは、行動特性を評価する面接手法です。内定塾ではこの面接を意識して練習していきます。 自分で考え、試行錯誤しながら行動してきた学生は、社会に出ても同様に試行錯誤を繰り返して成果を生み出します(行動の再現性)。ここで重要になるのはPDCAです。P(計画)D(実行)C(検証)A(改善)です。多くの学生さんは、P(計画)D(行動)A(結果)の […]

フランチャイズ本部の会社。

  • 2019.01.29

みなさん、こんにちは~。内定塾大阪校です。 フランチャイズ経営というのはご存知ですか?代表的な例でいえば、セブンイレブンやローソンなどのコンビニです。車なら中古車販売のガリバーやオートバックス、イエローハット、その他TUTAYA、飲食店なら、マクドナルド、ドトールコーヒー。学習塾なら明光義塾の明光ネットワークジャパン、スクールIEなどあります。 ではなぜフランチャイズ展開を行うかといいますと、もと […]

企業研究、日本の企業は理系的考え方が多い。

  • 2019.01.28

みなさん、こんにちは~。内定塾大阪校です。 企業研究の質問は本当に多いです。 もう一度企業研究をなぜするのかと言いますと、それは自分自身のためです。つまり、志望動機を明確にするためです。そこに企業の沿革(歴史)を考えてくださいね。と前回のブログでは書きました。しかしそれだけではありません。志望動機を書くための動機づけという部分に関しては、保険業界に就職したい場合は、保険の仕組み、保険契約の内訳、業 […]

日本で歴史の長い企業。

  • 2019.01.26

みなさん、こんにちは~。内定塾大阪校です。 金剛組は創業578年、飛鳥時代からある企業です。1500年近く続いている企業です。 その金剛組も実は倒産の危機を迎えます。第37代当主金剛治一氏が昭和7年、極度の経営悪化に陥り、先祖代々の墓前で自殺を図ります。その後38代当主に奥様のよしゑさんが踏ん張り、経営を改善しました。金剛屋は寺社や仏閣の建築修理が専門の会社でした。太平洋戦争を経て、世の中は近代化 […]

企業研究の仕方。

  • 2019.01.25

みなさん、こんにちは~。内定塾大阪校です 企業研究って何をすればいいのかわからないですよね。自己分析は自分のことだからどうすればいいかはわかります。企業分析はなぜするのか?をしっかり考えないといけません。 企業分析の目的は、自分自身の動機づけです。その分析を進めていく上でどうしてその企業に行きたくなるのかが見えてきます。例えば、福利厚生の充実を目当てにしていた場合は、福利厚生を比較していきます。そ […]

思考を止めない。因果応報。

  • 2019.01.24

みなさん、こんにちは~。内定塾大阪校です。 1月の後半になりました。今すべきことは思考を止めないことです。 インターンもいろいろ参加して企業について理解できた人も多いことでしょう。 うちの学生さんは、インターンに参加して業種が絞られました。と言っていました。 では落ち着いてきた時にすべきことは、行動についての理由付けです。 なぜ、こういうことをしたんだろう?なぜ、こうなったんだろう?などこのなぜ、 […]

なぜ、なぜ、なぜの問いかけが自己PRを作る。

  • 2019.01.23

みなさん、こんにちは~、内定塾大阪校です。 自己PRを考えるときに、自己PRとは何なのかを知らないといけません。 自己PRは、企業に売り込む自分の強みです。それは長所になるときもありますが、異なるときもあります。 では、自己PRがなかなか見つからないときは、自分の行動をよく考えてみます。その時考える内容はうまくいったことです。なぜ、そういう行動をとったのか?をしっかり考えます。 次にその強みから成 […]

時価総額ランキング

  • 2019.01.22

みなさん~。こんにちは~。内定塾大阪校です。 平成元年の世界の時価総額ランキングでは、NTT、日本の銀行や、東京電力、トヨタ、野村証券、パナソニックなどベスト30の中に日本企業が20社入っていました。バブル景気によるものでもありますが、それが今や、1位アマゾン、2位アップル、3位アルファベット、4位マイクロソフト、5位フェイスブック、6位アリババ、7位テンセント、11位ジョンソンエンドジョンソン… […]

セブンイレブンジャパンの功績

  • 2019.01.21

みなさん、こんにちは~。内定塾大阪校です。 日本のコンビニはすごいです。何でもあります。しかも市役所の住民サービスなども受けられます。公共料金の支払いもできます。我々日本人にとっては普通のことですが、世界的に見て、これだけすごい小売りスーパーは存在するのでしょうか? では、なぜ日本のコンビニがこれだけすごいかというと、そこにはセブンイレブンの功績が計り知れないほどあるということです。セブンイレブン […]

1 3