2019年10月

1/2ページ

時間管理と結果を生み出す行動。

  • 2019.10.31

みなさん~、こんにちは~。内定コーチング関西校です。 結果を生み出す行動を意識していますか? 原因があって必ず結果が生まれます。その原因をしっかり考えないと結果は生まれません。 面接で注意すべきは自分のしてきたことを論理的に話せるかです。この論理的が自分のしてきたことと結果を結びつけます。続きはこちら

正社員とフリーター

  • 2019.10.30

みなさん~、こんにちは~。内定コーチング関西校です。 今日、ネットニュースのある記事で、高学歴でのフリーター化について掲載されていました。資料は労働政策研究・研修機構の第4回若者ワークスタイル調査の内容です。 あくまでも2017年発表ですから、調査自体は2016年までのことでしょうが、その中で2001年のフリータ率が高卒で4割、大卒院卒で1割だったのが、2016年では高卒2割、大卒院卒は4割まで上 […]

DeNAの創業者、南場智子さん

  • 2019.10.29

みなさん~、こんにちは~。内定コーチング関西校です。 DeNAを創業された方は南場智子さんという女性です。この方は普通のおばさんです。津田塾大学を首席で卒業し、マッキンゼーに就職し、そこから逃げるようにハーバード大学に留学します。(本人曰く)。続きはこちら

自分を過信せずに謙虚に真面目に!

  • 2019.10.28

みなさん~、こんにちは~。内定コーチング関西校です。 真面目とは、「物事に真剣に向き合い、本気で取り組み、人に対して誠実」なことです。 真剣に向き合うことで、自分の力をきちんと分析できます。その方法が過去をしっかり見つめ直すことです。過去に勉強もあまりきちんとしてこなかった。部活も主体的ではなく能動的にやってきたなどしてきた人は、就活は本当に頑張らないといけませんね。続きはこちら

面接では、伝え方、伝える内容。

  • 2019.10.24

みなさん~、こんにちは~。内定コーチング関西校です。 伝え方ってむつかしいですね。ただ理解する力はもっとむつかしい。話しても理解できない人はたくさんいます。ごちゃごちゃ言ってもわからないからとりあえず動こう!という人はなかなか超大手に内定を取ることはむつかしいです。続きはこちら

時価総額300億の創業者の話

  • 2019.10.23

みなさん~、こんにちは~。内定コーチング関西校です。 日曜日にある懇親会で一部上場の創業者の方とじっくり話す機会があったので、いろいろお聞きしました。その会社は創業35年ほどです。そのわずかな期間で東証1部上場までしたんだからすごいですね。もう78歳のかたです。その会社は理念経営をとてもとても大切にしています。続きはこちら

ESは伝えたいことをきちんと書く!

  • 2019.10.23

みなさん~、こんにちは~。内定コーチング関西校です。 エントリーシートの添削をしてて思うのですが、最初はみなさんいろいろ書きすぎてしまいます。例えば、自己PRで努力ができて、粘り強くて、そして挑戦心があってなど3つくらい書こうとしています。やはり大切なことは自分の強みをきちんと書くことです。続きはこちら

内定辞退は?

  • 2019.10.21

  みなさん~、こんにちは~。内定コーチング大阪校です。 内定辞退は企業にとって頭の痛い問題ですね。せっかく選りすぐって採用した学生が内定辞退されると本当に大変です。でもこれは企業側から見た視点ですよねもちろん! 続きはこちら

自己PRに強いあきらめない力。

  • 2019.10.18

みなさん~。こんにちは~。内定コーチング関西校です。 よく自己PRであきらめない力をアピールする人が多いですね。これはすばらしいと思います。就活で絶対に必要なことは、続きはこちら